会長あいさつ

公益社団法人 神奈川県助産師会 会長 村上明美

会長写真

 

 このたび、平成28年度の定時社員総会を経て、神奈川県助産師会会長に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 本会は、長い間日本助産師会神奈川県支部として活動してまいりましたが、平成20年に一般社団法人神奈川県助産師会となり、さらに平成24年には内閣府より認定された公益社団法人神奈川県助産師会となりました。現在は、全国的に公益事業を展開する助産師職能団体として、会員が一致団結しながら運営に携わっています。

 本会は、昭和から平成の時代を、母子保健政策や周産期医療危機等の時代の大きなうねりに巻き込まれながらも、時流に柔軟に対応し、現在に至っております。本会の活動は全国的にも注目されております。

 歴代会長は開業助産師の諸先輩方がその大役を果たされてきましたが、今回、開業助産師ではない立場で、私が初めて会長に就任することとなりました。日々、責任の重さを実感しております。諸先輩方が築いてきた本会の伝統を大切にしながら、さらに、これを機に新しい風を吹き込むことで、本会のさらなる発展につながっていくことを心から期待しています。

 これまで以上に助産所部会、保健指導部会、勤務部会、教務部会の4つの部会が有機的につながり、委員会活動も一層活性化することにより、部会や委員会の枠を超えて多様な活動が活発に展開されていくことを願ってやみません。会員の皆様とともに、心を新たにして「助産師および母子保健の普及・啓発および研究・調査に関する事業」「助産師の資質向上のための教育及び環境整備に関する事業」の公益事業を発展させるべく邁進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る