すくすく赤ちゃん献金

すくすく赤ちゃん献金とは

(公益社団法人 日本助産師会 HPより引用)

「鹿児島県産婦人科医師、遠矢善栄博士が、近くに住む重症心身障害者の三姉妹のために尽力される中、このような子どもたちへの支援の必要性を感じ、健康な赤ちゃんをお産みになったお母さんたちとそのお産に立ち会った医療者に献金を募ったのが「おぎゃ-献金」のはじまりでした。「おぎゃ-献金」運動は、昭和 39年に、正式に日本母性保護医協会で可決され、この運動で集まった献金は、主に、重症心身障害児の施設や発生予防の研究のために使われています。

日本助産師会でも、全国の助産院に「おぎゃー献金箱」を設置し、昭和42年以来、集まった献金で全国の福祉施設に必要な備品などを贈呈してきました。
平成12年、本会では、この事業をより充実、発展させるために、「すくすく赤ちゃん献金」と名称を変更し、収益金は主に、児童福祉施設への必要備品贈呈などで、役立たせていただいています。」

日本助産師会からのすくすく赤ちゃん献金贈呈実績につきましては、ホームページをご参照ください。

神奈川県内の各助産院におきまして献金の受付を行っております。趣旨をご理解いただきぜひご協力をお願いいたします。
なお、お振込み等による献金にご協力いただける方は、神奈川県助産師会事務局までご一報ください。

公益社団法人  神奈川県助産師会 045-262-4201

神奈川県助産師会 すくすく赤ちゃん献金贈呈先

平成28年度 贈呈施設       

  •  ホームスタート白百合 様

平成27年度 贈呈施設       

  •  城山学園 様
  •  カサ・デ・サンタマリア 様

平成26年度 贈呈施設       

  •  StaRT かながわ 様

平成25年度 贈呈施設       

  •  神奈川県里親会 様

平成24年度 贈呈施設       

  •  子ども未来じゅく 様

平成23年度 贈呈先       

  •  震災被害者支援 日本赤十字社 様

ページの先頭に戻る